×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダックスフンド

散歩の役割

犬にとって散歩は、飼い主と一緒にでかけられる楽しみであると同時に、ストレス解消や運動不足解消、健康維持にとても重要なものです。

ダックフンドは、短足なので肥満になるとお腹を擦ってしまいます。適度な運動で肥満にならないよう注意しましょう。

また、外の世界や他の犬、他人との出会いを学び、社会性や協調性を身に着ける場でもあります。

快適な散歩のために

快適な散歩を行うためには、主従関係を保つことが重要です。飼い主が先に、犬は後になるよう歩く時は、横について歩かせましょう。飼い主の歩調に合わせて、横に寄り添うように歩かせましょう。

散歩の時間とコース

散歩でも、飼い主はリーダーシップを発揮しなければなりません。散歩に出かける時間やコースは、飼い主が決めて、主導権を握ることが大事になってきます。

散歩に行く時間も、毎日同じ時間じゃなくて構いません。コースも同じじゃなくて構いません。

外に出かける時に犬も連れて行くという感覚でいいのです。

散歩の時間を決めてしまったり、催促されれいくようになると、権勢欲がでてきます。

実際に散歩に出かける際の注意点

まず、玄関でマテをしてから、飼い主が先に出てそれから犬を呼んで外に出させます。

犬が足のそばに付いたら歩き出します。

犬は、拾い食いが大好きです。食中毒や口を汚したり、しつけのためにもリードをひっぱてやめさせてましょう。

また、散歩中は他人や他の犬と出会います。吠えたり、ニオイを嗅ぎに近寄った時は座らせて制御しましょう。

フンは飼い主が責任を持って持ち帰りましょう。マナーです。